蜑阪∈
谺。縺ク

江戸時代の食器が、自宅にある可能性は高い

江戸時代における、有名な作家の食器は、大名と呼ばれる人達だけが収集していたと思われている人もいるかもしれません。
大名以外にも、旗本と呼ばれる、町の町長の様な権力者もいたのです。
その様な人達の中には、有名な作家の食器を使っていたかもしれません。
江戸時代の食器の特徴は、豊臣秀吉が朝鮮に遠征に向かった際、現地の職人を日本に連れて帰った職人の特徴があります。
朝鮮は、中国の流れを組んでいるため、青を基調とした、模様や絵柄が描かれています。
日本国内の技術開発によって、日本独特の朱を出す事に成功を収めました。
そのため、青の模様と朱の模様が見られる食器などもあります。
伊万里焼などには、その特徴が顕著に現れている特徴もあるのです。
伊万里焼は、海外にも輸出されており、世界規模で価値の高い食器として評価を受けています。
町長ほどの権力者であれば、庶民との間柄も小さかったでしょう。
一般の人の手にも渡っている可能性もあり、食器買取で高く買取されるはずです。
豊臣秀吉が職人を日本に連れてきた当初の作品の中には、デザイン性が低い食器もあります。
ただし、初期の作品として価値が高い場合もあり、驚く様な査定がされる可能性も秘めています。

Page Top